会社沿革

遠山産業株式会社 沿革

 

最終更新日: 2011/10/1  
年月   沿革
1877年 明治 10年   個人商店として現津島営業所に於て綿糸布業創業
1918年 大正 7年   合名会社遠山商店設立
名古屋支店(現在本社)、大阪、浜松に出張所開設
1920年 大正 9年   輸入業務開始
1930年 昭和 5年   輸出業務開始
1938年 昭和 13年   奉天、天津、蕉湖に出張所開設、中国との貿易業を開始
1944年 昭和 19年   遠山合資会社と改名
1946年 昭和 21年   海外出張所閉鎖、東京、一宮、蒲郡に営業所開設
1955年 昭和 30年   シドニーへ駐在員派遣(羊毛買い付け)
1956年 昭和 31年   遠山株式会社設立
1956年 昭和 31年   ニューヨーク及び香港へ駐在員派遣
1957年 昭和 32年   リマ及びテヘランへ駐在員派遣(輸出拡大)
1963年 昭和 38年   遠山産業株式会社設立
1965年 昭和 40年   政府より輸出貢献企業として表彰を受ける
(毛織物、対米国輸出量日本一達成)
1989年 平成 元年   政府より輸入貢献企業として表彰を受ける
(アパレル・羽毛・タオル取引など)
2007年 平成 19年   昭和区に本社移転
※ 地名及び法人名等は、当時の名称です。
旧社屋